ごあいさつ

「セカンド・オピニオン」とは、よりよい決定のためにもう一人の人から聴取する意見。
医療の分野では一人の医師の意見だけで決めてしまわずに、別の医師の意見を聞いて決めることを指す、と定義されています。
「セカンド・オピニオン」という言葉は現在では、幅広い分野で使われるようになりました。
それは、各分野の情報が専門化、複雑化、高度化され、めまぐるしい速度で変化成長しているためです。医業経営においても例外ではありません。
税務、法務、労務、資産保全、IT分野等、陳腐化された情報の中で経営をすれば、将来的に必ず大きな損失が発生します。
一般社団法人 医業経営研究会では医業分野に精通した各分野のスペシャリストが最新の医業経営情報を駆使し、病院、個人開業医の経営上の問題点の提起、解決策の助言、提案をさせていただきます。